【まとめてみた】オンラインイベントのメリットと魅力

CAPPY - 全ての働く人に、HAPPYを。

【まとめてみた】オンラインイベントのメリットと魅力


【まとめてみた】オンラインイベントのメリットと魅力

最近、社員総会などのイベントをオンラインで実施したいというご相談が増えています。

実はゼロインでは、数年前から戦略共有会やナレッジ共有会をオンラインで実施しています。冒頭の写真も、弊社のナレッジ共有会をオンラインで実施したときの記録画像です。

そこで今回は、オンラインでイベントを実施する際の良さや工夫などを、実際にこれまでにやってきた経験を踏まえてお伝えしたいと思います。

実際にやってみて分かったことは、
1.(当然ですが)オンラインなので外部会場を取らなくて済む=コスト削減が可能
2.(意外と)オンラインでも工夫次第でちゃんと伝わる
3.(実は)オンラインでしかできない、効果的な演出がある
という3点でした。

これらについて、ポイントをお伝えします。オンラインでイベント実施を任された皆さまの参考になれば幸いです。

イベントのオンライン化でコスト削減ができる??

オンラインの場合、リアルイベントだと発生する会場費や交通費、イベント機材費などは、当然不要になります。イベントを担当されたことがある方なら、これがどれほどのコストインパクトがあるか、よくお分かりになると思います。

一方で、規模やスタイルにもよりますが、オンライン化によって新たに発生する費用もあります。
まずは撮影機材です。録画にしてもライブにしても、スピーチやプレゼンテーションを撮影するためのカメラやマイクはもちろん、照明機材なども使用してスタジオなどで撮影するとなると、それらの費用を見込んでおく必要があります。また、生中継の場合は、中継映像とプレゼン資料などの画面や音声の切り替えなども複雑になるため、配信機器とオペレーターを外部委託した方が良いかもしれません。

m0522_1a

さらにコストを抑えるのであれば、テレビ会議の延長という感じにはなりますが、Zoomのような会議システムを活用して内製してしまうのも一つの手段です。

いずれにしてもリアルイベントで割合を大きい会場関連費の削減によって、総予算をぐっと抑えることができます。その分の予算を演出面やコンテンツなどにまわすことで、リアルの良さをオンラインでも補完できるのはないでしょうか。

オンラインで熱量や一体感を感じさせる工夫

とはいえ、本当に今までの社内リアルイベントのような体験を、オンラインでも実現可能なのか、不安な方もいらっしゃるかと思います。たとえば、経営メッセージの熱量は伝わるのか、表彰受賞者はちゃんと栄誉を感じられるのか、仲間との一体感が生まれるのか、といった現場の空気感が大事なところは、やはりリアルイベントに分がありそうです。

ただ、考えられる課題を一つひとつ挙げていくと、工夫次第でカバーできることがたくさんあります。

m0521_3

このあたりは事前のつくり込みや編集、演出などが必要になるところもあるので、外部の専門家に相談してしまうのもアリだと思います。

オンラインイベントだからこそのエンタメ性

どうせならオンラインをリアルイベントの代替手段から、一歩踏み込んでみてはいかがでしょうか。同じプログラムをただ配信に置き換えるのではなく、いっそのことオンラインだからこそできる社内イベントに挑戦してみる。オンライン社内イベントは、ある意味「オリジナルのテレビ番組」「社内版YouTuber」みたいなものです。そう考えると、やりたいことが色々浮かんでワクワクしませんか?

たとえば、テレビ番組のような再現VTR付きのプレゼンテーションや表彰受賞者のドキュメンタリー映像、現場の生中継で社員の感想インタビューというように、エンターテイメント性を少し入れることで、視聴者の興味や参加度はぐっとあがります。

また、オンラインなら気軽にチャットで発言ができるので、双方向なコミュニケーションが可能になります。弊社で実施している「いい仕事共有会」は、チャット上にお祝いコメントや質問が多数発信されます。それを見ながら回答やコメントをすることで、理解や一体感が深まっていると感じています。

オンラインイベントは新しいスタンダードになる?

これからのイベントは、オンライン活用がスタンダードの一つになっていくに違いありません。もちろんリアルでしか体感できない良さもあるので、目的やコンテンツに応じて最適な方法を選んでいくことになるかと思います。

私たち自身もいままさに様々なやり方、工夫をためしているところです。この機会に新しいことにどんどんチャレンジし、皆様にお伝えすることで、オンラインイベントを盛り上げていきたいと思います。

筆者:本間 洋大

SEARCH