社内コミュニケーションの考え方・コンセプト|ゼロイン

ZEROIN

CONCEPT

SELF-DRIVEN

企業理念やビジョンに共感し、
自ら動きだす

コミュニケーションとは、“結びつける”こと。
従業員と経営、社会、理念、ナレッジ、スタンス、過去から未来。
コミュニケーションによって一人ひとりに共感や共鳴が起きるとき、
“ありたい姿”に向かって自ら動きだす推進力が生まれます。

働く人が思わず動きだす、
4つの要素

ゼロインは、自ら考え、動きだしたくなる4つの要素に注目しています。

  1. DNA

    組織として大事にするもの、強み、らしさの明確化と伝達

  2. VISION

    「目指す未来」「実現したい社会」の浸透、共有価値の構築

  3. NAVI

    VISION実現への道筋、ロールモデル、変化の兆しを可視化

  4. ENGINE

    自ら「やりたい」と思う気持ち、協働を推進する風土の醸成

継続的・多面的なコミュニケーションをデザイン

4つの要素をもとに、お客様のビジョンや組織コンディションを整理し、
本質的な課題・取り組むべきコミュニケーションテーマを明確化。
お客様とともに、短期・中長期でのコミュニケーションストーリーを描いていきます。

ワークフローイメージ ワークフローイメージ

あるIT企業では、社内報のリニューアルをきっかけに、「プロデュース型の人材集団への変革」というテーマを設定
新ビジョン策定から、ビジョナリーな仕事の共有会、新卒採用活動まで、年間通じた施策でコミュニケーションを支援

社内コミュニケーションで重要な、
参加感と当事者意識

一つひとつの施策で大事にしているのは、「参加・体感・ライブ」の演出。

トップからの一方的な伝達ではなく、参加することで当事者意識は醸成されます。
目指す世界観やビジョナリーな仕事、仲間との一体感は、一人ひとりの熱量を上げ、
ライブでの驚き、喜び、感動は、その熱が社内全体へと広がっていきます。

一方、企業におけるコミュニケーションの難しいところは、
その組織・仕事ならではの「内側」にあるコミュニケーションを意識しながら、
同時に、顧客や社会、未来といった「外側」も意識させる必要があること。
この「外側」の視点にこそ、ゼロインが第三者としてお手伝いする意味があります。

圧倒的な当事者意識による、お客様と同じ「内」の視点。
第三者だからこそ気づける、客観的な「外」の視点。
この“ふたつの視点”でコミュニケーションをデザインいたします。