周年イベントの企画・進め方・事例

ZEROIN

SERVICE

サービス : 周年イベント

周年イベント

企業の創業・設立から数えて、5年や10年ごとの節目の年に実施される周年イベント。
多くの方がイメージする周年イベントは、従業員を集めて日頃の感謝や労いのパーティーを催す形式です。
しかし実は、より幅広いステークホルダーに対して、改まった企業メッセージを伝達する絶好の機会です。

こんな悩みや課題を
お持ちではありませんか?

企業の成長ステージや組織コンディションによって、コミュニケーション課題や悩みはさまざま。
どのように解決していけば、良いのでしょうか。

周年イベントとは

周年イベントは、日頃なかなか集めることのできない、従業員を含む多くのステークホルダーを集める絶好の機会です。この機会を活かして、「過去から現在への感謝」と「現在から未来に向けた進化」を描くことで、参加者の理解と期待を促すことができます。

“過去から現在”、“現在から未来”を描く “過去から現在”、“現在から未来”を描く

表現手法は社内外の施策を含めると、さまざま。ひとつの施策だけではなく、掛け合わせで実施することで、より多くの効果を得ることができます。

施策表 施策表

周年イベントが生みだす効果

企業が現在、どのステージにいるのかによって有効な施策は変わります。また、従業員が参加対象の場合、どのステージに入社した従業員が多いのかも影響してきます。参加者の入社時期、ステージによって、満足ポイントは異なります。”経営者の満足”と”参加者の満足”を俯瞰して見定め、すり合わせる必要があります。

周年イベントの効果イメージグラフ 周年イベントの効果イメージグラフ

周年は社員を含む各ステークホルダーを、「周年記念なので」と集める言い訳の立ちやすい機会です。対内的な効果、対外的な効果を意識した目的設定とメッセージ設計が、継続的な事業成長・企業躍進の礎となります。

対内的な効果と対外的な効果の一覧表 対内的な効果と対外的な効果の一覧表
複数のコミュニケーション手段を
活用することで
継続的な事業発展・企業躍進の契機
創出できます

PLAN

「周年だから何かしよう」ではなく、
周年を成長戦略に利用する

ゼロインは、企業周年を「周年だから何かしよう」と受動的に迎えるものではなく、戦略的に活用するものだと考えています。その場合、該当年だけではなく、その前後に社内を巻き込んだプロジェクトや社外からも参加できるキャンペーンの実施も考えられます。

創業期、成長期、成熟期、転換期、それぞれのフェーズに応じて会社の状況と各ステークホルダーとの関係性を考慮し、テーマ設定を行うと効果的な周年利用につながります。

CASE

お客様に感謝し、
ビジョンを再認識する周年記念

あるIT系企業のお客様は、新しい社長が就任される転換期に40周年を迎えました。そこで、お取引先様をお迎えして、40周年のご愛顧の感謝を伝えると同時に、これからも共に栄え、成長していく想いを伝えることを目的とした記念パーティーを開催しました。

お取引先様に感謝を伝えるために、最大限のおもてなしをすることは大前提。大事なのは、これから先も共に未来を創っていく、パートナーとしての共感を得ることでした。そのためには、パーティーでお取引先様をもてなす自社の従業員自身が、会社の強み・描く未来・想いを語れるようになっている必要がありました。

そこで記念パーティー以前に、会社の未来を語るセッションを数回に分けて開催。同時に今回の記念パーティーの目的を伝達することで、自社を代表する気持ちを創り、当事者意識を醸成しました。

結果、従業員一人ひとりがお取引先様に会社の代表として最大限のおもてなしを実現。同時に、事前のセッションとお取引先様からいただく期待の声を通じて、記念パーティーの後に持続する、強い当事者意識を醸成することになりました。

SERVICE STEP

  1. お問い合わせ
  2. ヒアリング
    ご提案
  3. ご発注
  4. 各種制作・手配
    事前巻き込み
  5. 当日運営
  6. 振り返り
    事後施策

お客様の「らしさ」やビジョンに沿った、オーダーメイドの解決策を立案・実行。
ビジョン実現、事業成長をお手伝いいたします。

周年イベントなどの事例は
こちらからご覧いただけます。

WORKS