社内報・Web社内報

ZEROIN

SERVICE

サービス : 社内報

社内報

社内報は、従業員、経営、企業、社会をつなぐ
コミュニケーションのプラットフォームと
なるものです。
手元に届くと、ついつい読んでしまう
紙の社内報。速報性の高い情報を、
すぐに届けられるWeb社内報。
それぞれの利点を活かした
コミュニケーション設計が、当事者意識を育み、
新たな行動を生みだします。

こうした悩みや課題、
ゼロインが解決します

企業の成長ステージや組織コンディションによって、コミュニケーション課題や悩みはさまざま。
どのように解決していけば、いいのでしょうか。

社内報とは

社内報には、冊子、ポスター、イントラネット、メルマガなど、さまざまなメディアが用いられています。「企業理念や経営方針など“企業からのメッセージ”を従業員に伝達・浸透させたい」、「良い事例を紹介して、モチベーション向上やナレッジ共有に活用したい」「どこに、どんな人がいるのか伝えて、コミュニケーションを活発化したい」という狙いで使用されることが多いようです。

一時期、企業の社内報はIT化の波に乗って、紙からWebに移行した時期がありました。Web社内報は速報性が高く、気軽に情報が発信できる一方、従業員が主体的に閲覧しにいく必要があります。一方、紙の社内報は編集や印刷にコストが発生しますが、手元に届くとついつい読んでしまう独特の魅力があります。こうした魅力が見直され、いま、紙の社内報を復刊・創刊する企業が増えています。

紙の社内報、Web社内報、それ以外のメディア、それぞれ強みと弱みを持っています。伝達したいメッセージやその内容によって使用するメディアを使い分けることが、効果的なコミュニケーション創出につながります。

読まれる社内報を作る秘訣とは

「読まれる社内報」を作るための3つの満足

PLAN

社内報で起こしたい、
一人ひとりの行動を想像する

3つの満足を実現するには、時間も人手もノウハウもない。そうしたお悩みを、ゼロインは解決しています。対応できるのは、単純なライティングや編集、デザイン業務だけではありません。

「誰に」「何を」届けるべきなのか、社内報で何を実現したいのか、といったコミュニケーション設計から企画会議まで、お手伝いしています。

コミュニケーション課題の解決に向けて、社内報の活用をご検討ください。

CASE

社内ではなく、社外を伝える社内報

ある人材大手のお客様では、グループ会社の統合による新会社の設立に伴い、新たな社内コミュニケーションの全体設計を迫られていました。その設計の一環で、ゼロインは社内報のリニューアルをお手伝いしました。文化・風土のまったく異なる企業が統合するに際して、社内報のコンセプトをどう置くのか、頭が煮詰まるほど追求しました。

大事なことは、「社内報で何をするか?」と社内報中心で考えるのではなく、「コミュニケーション施策全体における社内報の役割は何か?」を考えること。「そもそも社内報を制作する必要があるのか?」から考え始め、新たに策定したビジョン・ミッションの浸透のためには手にとってじっくり読み込める冊子が必要だという結論に至りました。

通常、社内報は“社内の情報”を発信するものです。しかし、この社内報では“社外の情報”を発信することを重要視しました。それは人材事業を行う会社だからこそ、社外の客観的な情報を鮮度高く伝達する必要があるためです。現場で目の前の仕事に取り組んでいると、どうしても見えづらくなる社会の動き。それを広報が社内報を通じて、血流のように全社に循環させる役割を果たしているのです。

SERVICE STEP

  1. お問い合わせ
  2. ヒアリング
    コンセプト設計
    コミュニ
    ケーション設計
  3. ご提案
    ご発注
  4. 企画・取材
    各種制作
    進行管理
  5. 印刷・配布
  6. 振り返り
    事後施策

お客様の「らしさ」やビジョンに沿った、オーダーメイドの解決策を立案・実行。
ビジョン実現、事業成長をお手伝いいたします。

社内報などの事例は
こちらからご覧いただけます。

WORKS