感謝の集い・企業謝恩会とは

ZEROIN

SERVICE

サービス : 感謝の集い・企業謝恩会

感謝の集い・企業謝恩会

CSRの重要性が高まる中、ステークホルダーとの
エンゲージメントが注目を集めています。
顧客をはじめ、取引先・仕入先のパートナー、
消費者カスタマー、株主、従業員の家族など。
これら多様なステークホルダーとの
関係性を強化するイベントのつくりかたとは。

こんな悩みや課題を
お持ちではありませんか?

企業の成長ステージやステークホルダーによって、課題や悩みはさまざま。
ゼロインが最適な解決策をご提案します。

感謝の集いとは

文字通り「感謝」を伝える場ですが、さらに会社への「共感」や「期待」をいかに醸成するかがポイント。普段は部分的な関わりのステークホルダーの方々に、会社が目指すものや従業員の姿をもっと知ってもらう、絶好のチャンスなのです。それではステークホルダーが思わず応援したくなる場は、どうすればつくれるのでしょうか。

結局は従業員へのインナーブランディングが、ステークホルダーの共感を生み出す近道。それを最大限に伝えられる場が、感謝の集いなのです。

PLAN

ステークホルダー・テーマに合わせた
施策と企画を立案します

感謝の集い、企業謝恩会、ファミリーデー、株主総会など、目的とステークホルダーに合わせたトーン&マナーで、場をつくります。

最大のポイントは接点となる従業員の当事者意識。インナーコミュニケーションに特化しているからこそ可能な視点で、従業員とステークホルダーをつなぎます。

CASE

ステークホルダーも従業員も共に
エンゲージメントを高める

会社の成長期に実施することになった取引先への感謝の集い。これまでの支援への感謝と共に今後の成長への期待と顧客接点を高めることが目的です。しかし急成長の中で、創業期や長年おつき合いあるお客様のことをあまり知らない従業員が増えていました。

そこで事前に従業員を集めてワークショップを実施。改めて創業からこれまでを知り、自社の強みや大事にしたい思い、これからお客様にどんな価値を提供できるかについて、お互いに話し合いました。そしてここで出た内容をまとめ、感謝の集いの会場に展示することにしたのです。

当日は、これらの展示をきっかけにお客様との会話も進みます。事前にお客様のことをリアルに感じられたことで、心からの感謝と思いのこもったおもてなしができました。結果、会のエンディングまで、途中退席したお客様は誰一人いらっしゃらなかったのです。

SERVICE STEP

  1. お問い合わせ
  2. ヒアリング
    ご提案
  3. ご発注
  4. 各種制作・手配
    事前巻き込み
  5. 当日運営
  6. 振り返り
    事後施策

お客様の「らしさ」やビジョンに沿った、オーダーメイドの解決策を立案・実行。
ビジョン実現、事業成長をお手伝いいたします。

感謝の集い・企業謝恩会・ファミリーデーなどの事例は
こちらからご覧いただけます。

WORKS