360度が笑顔で埋め尽くされた、10周年記念パーティー|事例

ZEROIN

WORKS

周年イベント

360度が笑顔で埋め尽くされた、10周年記念パーティー|事例

  • 社名
    株式会社キュービック
  • 業種
    情報・通信業(デジタルマーケティング)
  • 対象
    お取引先様・従業員
  • 人数
    約180人

設立10周年を迎えたキュービック様は、互いに支え合い、成長してきたお取引先様や従業員に感謝を伝える周年記念パーティーを開催しました。パーティー内ではコーポレートブランドのリニューアルが発表され、決意も新たに動きだす一日でした。

360度スクリーンにあふれる「感謝と未来への決意」

会場は恵比寿駅にほど近い、360度スクリーンがあるレストランです。当日はゲストのお出迎えに始まり、オープニング映像でパーティーがスタート。途中歓談を挟みながら、挨拶・謝辞、10年の振り返り映像、コーポレートブランドのリニューアル発表、エンディング映像、お見送り、という流れでした。

エンディング映像では360度スクリーンという会場の特徴を活かし、「感謝と未来への決意」が手書きされたスケッチブックを持った従業員一人ひとりの写真を全面に投影。“ヒト”を大事にしているからこそ「人の顔を見せてパーティーを終わりたい」というキュービック様の想いが込められた演出です。

10年後、20年後、30年後を創るのはヒト

10周年を機に、新しいステージへと進んでいくキュービック様。ゲストのみなさまにこの10年の感謝を伝達することはもちろんですが、最大の目的は次の10年、20年、30年に期待を抱いていただくことにあります。

創業者であり現社長が、マンションの1室で、パソコン1台で立ち上げた事業が急成長と遂げて今に至ります。今後ますます発展していくために、この10年の苦闘、成長、喜びを集結させ、コーポレートブランドをリニューアル。新たなブランドの発表とともに、ビジョンと想いを伝達しました。

そして何より、キュービック様はヒトを大事にする会社です。このパーティーでは経営陣から社員、インターンシップも含めて、全従業員でおもてなしすることを重視し、その姿勢やコミュニケーションから未来への期待を抱いていただきたい、という意図が込められていました。

魅力が伝わった瞬間

創業からの10年は、まさに駆け抜けた10年。今では海外にも展開、大きなビジョンを追っている姿に、マンションの1室から始まったことを知っているゲストからは驚きの声があがりました。

社長のもとにはパーティー終了後、「パーティーの中で、この従業員ならビジョンを実現していくと実感した」という、人に期待を抱いたメールが何通も届いたそうです。まさにキュービック様が大事にしている、“ヒトの魅力”が伝わった瞬間でした。

ゼロイン担当者の想い

ご担当者様からは、「ゼロインでないと会社として体現したい10周年を創れなかった」を言っていただけました。それは一見するとわかり辛いキュービック様のビジネスモデル、ヒト・ファーストの考え方、なぜを5回繰り返す企業文化などを、アウトプットとして表現する難しさからくる言葉だったのだと思います。

ゼロインは「お客様よりもお客様を知る」ことを大事にしています。今回のご提案でもパーティーの目的はもちろん、企業文化やビジョンなど、ご担当者様には何度も繰り返しヒアリングをさせていただきました。だからこそ、ゲストのみなさまに期待を抱いていただくことができたのだと思います。

そして私自身、キュービック様の“次の○周年”に向けて、未来・勢いを感じていただくチャレンジングな仕事として、非常におもしろく取り組ませていただきました。

この記事のサービスについて詳しく知りたい方は以下のボタンより詳細をご覧ください。