新ビジョンを参加者全員で体感するお披露目会『DLN Spirit Day』|企画・事例

ZEROIN

WORKS

インナーブランディング

新ビジョンを参加者全員で体感するお披露目会『DLN Spirit Day』|企画・事例

  • 社名
    大和ライフネクスト株式会社
  • 業種
    マンション、ビル等建物管理
  • 対象
    従業員
  • 人数
    約2,000人

大和ライフネクスト株式会社様は、新しいビジョンと行動指針『DLN SPIRIT』を策定し、2018年4月、従業員向けにそのお披露目会を開催しました。

新ビジョンは、役員とプロジェクトメンバーがそれぞれの言葉で語りかける

『DLN Spirit Day』と題した新ビジョンと行動指針のお披露目イベントは、約2,000名の社員が都内ホテルに集い開催されました。イベントはSPIRITを共有するシェアード・ビジョンと懇親会の2部構成です。

会場が暗転し、オープニング映像が流れます。しばらくすると、たくさんのSPIRITと色が動き集まっていく映像に連動して参加者全員に配布されたリストバンドが7色に光りだし、会場を盛り上げます。会場に広がる多彩な色で、多様な仲間が集まった場を体感します。

新ビジョン策定の背景やプロセス、想いを改めて伝えるプレゼンテーションは、社長がヘッドセットで登壇し、映像も織り交ぜたスーパープレゼン形式に仕立てました。従来の社長スピーチからイメージが一新され、より参加者の印象に深く刻まれるDLN SPRIITの発表となりました。続いてはトークセッションタイム。DLN SPIRIT策定に携わったプロジェクトメンバーが、それぞれの言葉について、どんな想いを込め、具体的にどんな場面や行動を想定しているのかを自分たちの言葉で語りました。さらに、リアルタイムで投票やコメントをシェアできるシステムをいれ、セッションに会場の参加者を巻き込む工夫をしました。最後は今後の浸透・実践の取り組みについて役員が語りかけ、“未来”や“行動”に焦点を当てて第一部を締めました。

第二部の立食パーティーでは新入社員の紹介や参加型のクイズ大会を交えつつ、 SPIRITに対する素直な気持ちを経営陣と社員とが直接語り合うことができる場となりました。そして最後の退場時には、経営陣が参加者一人ひとりに、クレドカードとストラップを直接手渡して送り出しました。

 

従業員と一緒にありたい姿を描き、策定したビジョンと行動指針

マンションやビルの管理事業などを行う同社は、2015年の経営統合からさらに次のステージを目指すべく、2017年にDLN SPIRITを策定に着手しました。トップダウンではなく、「社員みんなでありたい姿を描きたい」という社長の想いのもと、経営陣によるワークショップと従業員参加型のワークショップを実施し、自分たちらしい言葉にもこだわって策定しました。

同様にお披露目会も一方的な発信ではなく、様々な話者からの共有や、体感を盛り込んだ仕立てになっています。単に言葉を伝えるだけの場ではなく、これから全員が大事にしたい、ワクワクして実践したい、そう感じてもらえるような場づくりを目指しました。

 

浸透施策とアワードへの展開

Spirit Dayの後には、いつでも策定の背景や込めた想いを確認できるバイブルとして『SPIRIT BOOK』を作成・配布し、自分の仕事でSPIRITを考えてみるグループワークショップも実施しています。2019年には、SPIRITの体現行動を称賛・共有する『DLN SPIRIT AWARD』を開催。初回の目標数を大きく上回る400件を超えるエントリーがあり、最終的に受賞数も増える嬉しい結果となりました。

 

担当者の想い

新しいビジョンと行動指針は、「社員みんなでありたい姿を描きたい」という社長の想いを受けて策定したものです。そのため、多くの社員にとって最初にSPIRITに触れるお披露目会も、できる限り、自分たちのありたい姿として共感でき、自身のありたい姿を考えるきっかけともなるような場にしたいと考えました。そこでメンバー視点での共有や相互コミュニケーションの仕組みを導入しました。また多様性や挑戦などSPIRITのキーワードを体感できる場面づくりも大事にしました。

これだけの社員が集まるのはDLN様では初めてだったこともあり、2部は思いっきり楽しむことに振り切り緩急をつけました。この日の記憶が楽しいものになれば、SPIRITの印象もポジティブに残りやすいはずです。

会の終了後、DLN様からも熱い感謝のお言葉とご評価をいただき、最初の一歩としては目的達成ができたのではないかとひとまず安堵しました。大切なのは浸透・実践なので、引き続きアワードなどで社員の皆さまのSPIRIT体現行動がさらに増えていくよう共に邁進したいと思います。

この記事のサービスについて詳しく知りたい方は以下のボタンより詳細をご覧ください。