社内イベント・企業イベントに役立つセミナー情報

ZEROIN

SEMINAR

終了

オンライン時代の企業周年の迎え方。エンゲージメントを高める周年事業の最新事例

対象
2年以内に周年記念を迎える企業の経営者・周年事業の担当者の方

集まれない時代でも訪れる企業の周年記念は、どのように迎えれば良いのか

株式会社ゼロイン(事業内容:インターナルブランディング/社内イベント企画・運営)は、 2021年5月21日(金)に無料オンラインセミナー『オンライン時代の企業周年の迎え方。エンゲージメントを高める周年事業の最新事例』を開催します。

本セミナーは、「2年以内に周年記念を迎える企業の経営者・周年事業の担当者の方」にオススメの無料セミナーです。

新型コロナウイルス感染症の流行によって「人が集まる」ことは制限され、企業が取り組む社内イベントの多くがオンラインに移行しました。企業の節目として5年、10年ごとに訪れる周年記念も同様の制限を受け、社内外のステークホルダーが一堂に会して実施されていた周年式典・周年パーティーは開催が困難になりました。

これまで周年式典・周年パーティーを実施される企業様の多くは、社員や取引先への「感謝の伝達」や「労い」が大きなテーマでした。しかし2020年にオンライン中心の社内コミュニケーションに移行したことで社内での“つながり”が希薄化している今、「ビジョンの共創・共有」や「社員同士のつながり創出」、「仕事の価値の再認識」に、周年記念を活用する企業が増えています。

実際に弊社が周年事業をサポートしたお客様でも、当初想定していた式典・パーティーといったオフラインイベントを白紙にして、プロジェクト型で従業員を巻き込みながら、オンラインイベントや映像、冊子などを組み合わせた新しい形の周年開催を実現した事例が生まれています。

今回のセミナーでは、ゼロインが2020年にプロデュースした周年事業(「オンライン形式」「オンライン×オフラインのハイブリッド形式」)の事例を参考にしながら、オンライン時代に周年記念を戦略的に活用する考え方や設計・実行方法をお伝えします。

セミナー概要

10:00 ~ 11:00

オンライン時代の企業周年の迎え方。エンゲージメントを高める周年事業の最新事例

内容詳細

Step.1 周年事業は『Why』『What』『How』を整理する

Step.2 事例で見る、オンライン時代の周年事業の成功パターン

Step.3 エンゲージメント向上を実現するプロジェクトのつくり方

備考

講師・弊社社員掲載記事(外部サイトにアクセスします)

表彰制度を大成功させる3つの視点(HRM Magazine)

『従業員の行動を促進する インナーコミュニケーション』(Harvard Business Review)

『無口な社員も熱く語る “全員参加”社内イベントのつくり方』(ITmediaビジネス)

『ローソンの表彰制度「自律型挑戦大賞」で生みだす企業変革』(広報会議)

『従業員の本気と行動を引き出す インナーコミュニケーション戦略』(広報会議)

講師プロフィール

三宅 欣広

株式会社ゼロイン、シニアコンサルタント。1997年からリクルートグループにおいて人材領域を中心に採用広報の企画・制作に携わる。2010年、株式会社ゼロインに入社。インターナルコミュニケーションのコンサルティング、コーポレートブランドの策定・浸透サポートなど多数プロジェクトに従事。現在はシニアコンサルタント 兼 コミュニケーションデザイン総研責任者。

 

松下 みさと

株式会社ゼロイン、コミュニケーションプランナー。大手企業を中心に、数百人~数千人規模の周年プロジェクトや社員総会、表彰式、映像のプロデュースに携わる。お客様企業の社員になったつもりで徹底的にお客様を理解し、経営目線と社員目線の両方を大事にしたプランを一緒に創りあげることが得意。副業としてヨガ、ピラティス、バレトンのインストラクターとして、オンラインレッスン・スタジオレッスンで活動中。

開催概要

タイトル オンライン時代の企業周年の迎え方。エンゲージメントを高める周年事業の最新事例
日程 2021年5月21日(金)
時間 10時00分~11時00分
会場 オンライン開催(Zoom)
参加費 無料
備考 同業の方・個人の方からのお申込みはお断りする場合がございます

終了しました

SEMINAR一覧ページへ戻る