募集中
2021年12月16日(木)14時00分~14時50分

インナーブランディングの基本と実践事例~従業員の意識を変え、行動を生みだす年間プランの考え方~

対象
インナーブランディングや社内コミュニケーションの戦略設計、個別施策の企画・実行をミッションとされている方

変化の激しい時代に求められるインナーブランディングの実践

株式会社ゼロイン(事業内容:組織活性化コンサルティング)は、2021年12月16日(木)に無料オンラインセミナー『インナーブランディングの基本と実践事例~従業員の意識を変え、行動を生みだす年間プランの考え方~』を開催します。

対象となる方は、インナーブランディングや社内コミュニケーションの戦略設計、個別施策の企画・実行をミッションとされている方です。

昨今のコロナ禍により、リモートワークやオンラインコミュニケーションが劇的に増え、「ビジョンや戦略が伝わりづらくなった」「社内の変化やお互いの良い仕事を知る機会が減った」「社内コミュニケーションの難易度が上がった」といったご相談をよくいただきます。

また、激しい変化を受けて、あらためて自分たちのブランドを見直し、「何を目指していくのか」「何を大事にしていくのか」を明確にして、リブランディングに取り組む企業も増えています。

事業・組織の持続的な成長には、インナーブランディングを通じて従業員のエンゲージメントを高めるとともに、自律と協働を加速させる社内コミュニケーションの戦略的な設計・実行が欠かせません。しかし昨今の社内コミュニケーション環境下では、その難易度が上がっているのが実情です。

今回のセミナーでは、ゼロインが整理したインナーブランディングの基本と、社内への浸透・共感を促す戦略的な社内コミュニケーションにどのように取り組めばよいのか、事例を交えながらご紹介します。

[開催概要]

タイトルインナーブランディングの基本と実践事例~従業員の意識を変え、行動を生みだす年間プランの考え方~
日程2021年12月16日(木)
時間14時00分~14時50分
会場オンライン開催(Zoom)
参加費無料
その他同業の方・個人の方からのお申込みはお断りする場合がございます

内容詳細

step1:インナーブランディングの基本的な考え方と最新トレンド

step2:ブランド策定から浸透・共感を推進する年間プランの考え方

step3:従業員の意識を変え、行動を生みだす設計・実行のポイント

質疑応答

備考

講師・弊社社員掲載記事(外部サイトにアクセスします)

表彰制度を大成功させる3つの視点(HRM Magazine)

『従業員の行動を促進する インナーコミュニケーション』(Harvard Business Review)

『無口な社員も熱く語る “全員参加”社内イベントのつくり方』(ITmediaビジネス)

『ローソンの表彰制度「自律型挑戦大賞」で生みだす企業変革』(広報会議)

『従業員の本気と行動を引き出す インナーコミュニケーション戦略』(広報会議)

[講師プロフィール]

三宅 欣広(みやけ よしひろ)

株式会社ゼロイン、シニアコンサルタント。1997年からリクルートグループにおいて人材領域を中心に採用広報の企画・制作に携わる。2010年、株式会社ゼロインに入社。インターナルコミュニケーションのコンサルティング、コーポレートブランドの策定・浸透サポートなど多数プロジェクトに従事。現在はシニアコンサルタント 兼 コミュニケーションデザイン総研責任者。

清水 有香(しみず ゆか)

2012年、株式会社ゼロインに入社。総務領域の常駐サポート、オフィス・ファシリティ領域のプロジェクトマネジメントを経て、コミュニケーション領域のセールス&プランナーへ。前職で客室乗務員だった経験もふまえ、人に寄り添う“あたたかい” コミュニケーションスタイルが持ち味。ビジョン・ミッション・バリューといった理念策定や周年記念など、顧客伴走型のプロジェクトを多数担当。プライベートでは、3児の母として奮闘中。ゼロインの働くお母さん代表。

申し込む