2015/02/25

従業員の思考を変える!?レバレジーズの朝活に潜入!

最近の企業さんだと、フレックス制を導入していたりで、あまり朝の時間を共有することって少ないですよね。
ヒカリエという最新オフィスながら、朝に掃除と情報共有といった、古き良き(?)朝活を実施しているという、レバレジーズに潜入してみました!

leve1

ぴっかぴかの綺麗なオフィス@ヒカリエ17階
天気が良いと富士山も東京タワーもスカイツリーも見れちゃう素敵なロケーション!

leve2

8:45になると従業員の方がぞろぞろ・・・皆さんでお掃除開始です!

leve3

掃除はチーム制で、半月単位で回しているようで、2か月に1度程度当番になるとのこと。
皆さん慣れた手つきで各自のポジションで、テキパキ掃除しております。

leve5

従業員の皆さま、掃除は嫌いではないとのことで、自分たちが利用するスペースは綺麗にすべきと思っている、とのことです。

さてさて、9時になったら掃除を終わらせて、身の回りに起こったいい話・いいことのシェアタイム!グッド・アンド・ニューです。

 

leve6

leve7

こちらのクッシュボールを持っている人が、話し手になるとのこと!

leve8

4人くらいのチームになり、自分の周りの良かった話を通して、価値観を共有していきます。

leve9

グッド・アンド・ニューが終わったら、全社員での挨拶声だし&全社朝会!
この日の夜は忘年会だったので、そのアナウンスもされておりました~。
近頃の会社ではちょっと珍しい?朝の習慣ですが、こちらはどのように始まっていったのでしょうか?代表の岩槻さんにお話を伺ってみました!

 

leve09

―レバレジーズさんの朝活ですが、どのようにして始まったのですか?
何か特別な想いがあって、という訳ではないんですが、掃除は創業当時から1人で実施してましたね。綺麗な方が気持ちいいだろうと思いまして。

やっているうちにアルバイトさんも手伝ってくれるようになって、自主的に掃除をするっていう文化ができてきました。元々はやれる人がやるっていう形だったんですけど、習慣的に掃除をするようになり、徐々に制度化が進んで行きましたね。

自分たちで使うものは自分たちで綺麗にする、っていう考えに繋がっているかもしれないです。

 

―創業時から、掃除をくせづけされていたとのこと、元々お掃除がお好きだったんですか?
そうですねー。自分で会社をつくってから、更に好きになりました。

ダイソンのお陰ですかね?デザイン・性能ともに良いので、自社の掃除機は全てダイソンで統一してます。

 

―掃除機、ダイソンなんですね!オフィスもオシャレですよね。結構こだわられてるんですか?
本人たちは特に意識していないようですが、社員はオフィスが綺麗だったり、トイレが綺麗な部分にモチベーションを感じたりするんですよね。そういう意味では、オフィス家具とかにもこだわってますね。

ヒカリエに入ったのも、未上場ながらブランド力をあげていきたいという想いがありました

 

―オフィス備品から掃除用具までオシャレで綺麗となったら、女性の印象もあがりますね!社員さんもどんどん増加されてますが、組織が大きくなっても、朝のグッド・アンド・ニューや声だしを実施され続けているのには何か意図があるのでしょうか?
グッド・アンド・ニューについては、他の会社に習ってやり始めたんですよ。

他部署を含めて価値観を共有することで、新しい考え方や今まで知らなかった知見などを得られますし、なによりこれだけの社員数の会社でも部署をまたいだコミュニケーションの場がつくれるのが良いなーと思ってますね。

更に、「最近あったグッドなニュースをシェアする」ということで、内容がポジティブなことになるので、社員の考え方がポジティブになっていくことで自然と社風が明るくなるんじゃないか、とも考えてます。

声だしに関しても素直に大きな声を出すことで前向きな気持ちになれるかなと。昔は、声だしも自分が参加してて、絶叫するくらいでやってましたね。

どちらも、マインドを変えられるってことを意識して継続しています。


―社内での情報共有だけでなく、ポジティブな考え方をするように習慣化させていくことで、従業員の方々の人生を楽しく変化させることに繋がっているんですね。

本日はお忙しい中ご協力頂きありがとうございました!

 

CAPPY'S EYE

一見、ただの古き良き朝活ではあるものの、毎朝「一緒に働く人の為」に掃除し、ポジティブな思考で情報交換する。そうすることで「関係者全員の幸福を追求する」レバレジーズさんの企業理念が自然と身につくようになっていると感じました。 私も毎日、ちょっといいことを探す癖をつけて、ポジティブな思考にマインドチェンジしていきます!

筆者

CAPPY編集部

Blog

関連のお役立ちブログ

すべてのお役立ちブログを見る
Download

参考資料ダウンロード

すべての参考資料を見る